形式に捉われない家族葬!!家族葬の魅力と家族葬に向いている方とは?!

家族葬は、通夜や告別式等の形式に捉われず、家族や親族だけで故人との最期を偲ぶ葬儀です。なので、故人や遺族の意向を色濃く反映させて行う事ができます。ここでは、そんな家族葬の魅力についてお届けします。

家族葬とは?

家族葬

家族葬と言うのは、家族・親戚・仲の良い友人や知人などを中心行われる、小規模葬儀形式です。生前前に故人と深い関わりのあった方と最後の別れを共有する事で、充実したお別れの時間を過ごす事ができる良さがあります。基本的に家族葬に定義はありませんが、葬儀の参列人数は大体1名~30名程度が一般的です。また、一般葬儀と同様に、僧侶を呼んでお葬式を行うケースが多いです。

家族葬が広まった時代背景

現在、家族葬が広まった時代背景には、地域コミュニティーの変化がまず挙げられます。昔は、地元就職する人の割合が高かった為、産業を地域一体で盛り上げていく地域縁が強固でしたが、現代は都心部への就職が当たり前になっています。その分、地域コミュニティーも希薄化し、葬儀に大勢の人を呼ぶ事の意味も薄れてきている傾向にあります。
また、もう一つの理由には、現代の少子高齢化問題が挙げられます。少子化によって兄弟の少ない家庭が増加しており、葬儀を行う際の一人あたりの負担も増える為、経済的理由で盛大に葬儀を行う事ができない場合も生じてきます。それに、故人が長生きの場合は、疎遠になっていく知人も多くなり、疎遠になった方を葬儀に呼ぶ必要があるか疑問が出てくるのです。
このように、様々な事情を踏まえた上で、家族葬と言うのは、現代の生活ニーズに合った葬儀の形と言えます。

一般的な密葬と家族葬の違い

家族葬は、前途で説明したように、家族・親戚・仲の良い友人や知人などを中心に、少人数で葬儀を行うスタイルです。従来の一般的な密葬と言うのは、限られた人だけで故人を見送るという点は同じです。しかし、密葬は、お通夜と葬儀・告別式を行った後、後日、改めて一般参列者を招いた本葬と一緒に行われる葬儀スタイルになります。一方、家族葬は、お通夜と葬儀・告別式の2日間で完結する葬儀スタイルです。ご近所や親類縁者などの地縁や血縁の希薄化をはじめ、故人の遺志や遺族の思いなどを反映できる葬儀と言う点において、葬儀形式にこだわらない方が増えた事など、時代の流れと共に家族葬は年々増加しています。

家族葬を行う良さとは?

アットホームな葬儀の雰囲気

生前に家族葬を遺言で希望される方と言うのは、本当に自分の事を大事に思ってくれている家族と、自分と近しい人のみで送って欲しいと言う、本人の願いが強い事が挙げられます。そこまで自分と付き合いのない方に囲まれた形式的葬儀に抵抗のある方も少なくありません。また、家族が形式的葬儀に振り回されないよう、気遣っている方も中にはいます。本当に心から偲んでくれる人達に、自分の最期を看取って欲しい思いを形にする事ができます。しめやかに故人を偲び遺族の悲しみに寄り添った、心温まるアットホームな葬儀の雰囲気は、家族葬を行うなによりのメリットです。

通夜と葬儀のみで完結する葬儀スタイル

本来、通夜と葬儀と言うのは、遺族と親族だけで故人を偲んで、一般弔問客は翌日の告別式で故人とお別れをするのが一般的で、それが告別式の意味です。しかし、時代の変化と共に職場のしがらみもあり、お付き合いとして故人についてそこまで知らずとも、義理で葬儀に参列する事が増えてきているのも現状です。すると、休みをとって昼間の告別式にかけつけるのは大変ですよね。家族葬では、そのような煩わしさもなく、通夜と葬儀のみで完結する葬儀スタイルなので、気兼ねなく時間を過ごす事ができます。

葬儀費用を抑えて節約できる

家族葬の通夜は、遺族と故人の大切な最後の別れの時間です。一般葬儀では通夜が告別式化した事で、故人との最後の一時は、一般会葬者とのお別れの時間になっていますよね。また、夕食もとらずに会葬される事を申し訳ないと、お清めと称して飲食を振る舞うよう事が通常です。本来な、葬儀では殺生は縁起が良く無い為、野菜の煮物や揚げ物などが中心でしたが、一般会葬者は身内では無い為、お寿司やオードブルなどを振る舞う事も少なくありません。会葬は有り難い事ですが、通夜が告別式化した事で出費はかさなるばかりです。その点、家族葬は限られた人だけで行う葬儀なので、その分、葬儀費用を抑え費用節約に繫がります。

故人との思い出の料理で最後の晩餐

故人を含めて家族でよく食べた思い出の料理を通夜の席に取り寄せて、皆で最後の晩餐を楽しみながら過ごす、そんな家族だけの家族葬も可能です。料理の香りが故人を思う家族の気持ちを代弁するかのように、温かな葬儀場の雰囲気の中で時を過ごす事が可能です。なので、故人との最後の晩餐を心温まるものにし、最期を見送る事ができます。

形式に捉われない自由な葬儀スタイル

家族葬は、仏式葬儀から無宗教葬儀まで形式に捉われず、幅広いシーンで行われている葬儀スタイルです。また、仏式だから必ずお坊さんを必ず呼ぶ、無宗教だから焼香をしない、そのような決まりも特にありません。なので、家族葬では故人様や遺族の考えに沿った、一番葬儀として相応しい形を選択できます。このような葬儀形式の自由は、これからの時代に強く求められる要素と言えます。家族にはそれぞれに思いがあり、今までの歩みがあります。従来のしきたりの他にも、それぞれの家庭や家族にとって相応しい葬儀の形があるものです。どのような家族葬にしたいか、我が家に相応しい家族葬を家族で話し合えるのも良いですよね。

遺族の方の負担を減らす事ができる

一般葬儀では、参列者に対して返礼品や飲食など、遺族の方は色々な気配りをしなくてはなりません。また、香典の現金の管理、そして、葬儀後の香典返しの手配まで、多くの負担を要します。悲しみの中にいる遺族の方にとって、こうした作業を行う事も大変労力を要します。
その点、家族葬では、参列者は家族・親族・仲の良い友人、知人に限られます。なので、返礼品、香典、飲食などについても、少人数なので負担も軽くなります。

家族葬に向いている方とは?

家族葬はこんな方にお勧め

故人を家族葬で見送る事は、家族の納得した別れの形を創り出す事が可能です。その反面、残された方々にとって、どのような方法で見送る事で素敵な家族葬になるのか、話し合って慎重に考える事も大切です。遺族の方の中で、家族や故人と近しい人だけで行いたい、参列者が少ないので葬儀を小規模にしたい、故人へ心を込めて見送りたい、故人が生前に希望した葬儀で別れをしたいなど、このような考えをお持ちの方には家族葬は最適の葬儀です。故人の生前の思いを尊重しつつ遺族の希望やその後のことを含めて、家族葬を選択されるケースが最近は多くなっています。

家族葬の参列者の範囲

家族葬と行っても、遺族だけで葬儀を行なわなければならない訳では決してありません。先に述べているように、基本的に家族葬には明確な定義はないので、参列してもらう範囲は決まっていませんり。親戚をはじめ故人と進行が深かった友人など、家族以外の方が参列してももちろん構いません。一番大事なのは「どのような形で大切な方の最期を送りたいか」そこに重きを置いて、参列してもらいたい方の範囲を決めていくと良いでしょう。